2017年07月22日

ホームレス・ワールドカップ+アンティークレース+・・

ホームレス・ワールドカップ〜

かなり異色のサッカーの国際大会です。

なぜならホームレスによるサッカー大会だからです。

選手の資格がこれまた独特です。

試合形式も普通のサッカーとは違います。

フィールドプレーヤー3人とゴールキーパー1人の4人チームです。

交代は自由なんだとか。

2003年から開催されているようです。







アンティークレース〜

レースやフリルのついた洋服は女の子に人気です。

テーブルクロスやコースターなどにもレースが使われます。

お洒落用のハンカチーフにもレースが入ってます。

そんなレースにもアンティークがあります。

価値を認められるだけあって、アンティークレースのほとんどが、非常に繊細なレースになってます。







ウイング〜

ウイングがサイドで縦に進めて、センタリングを上げて、センターフォワードが得点するというパターンがオーソドックスな3トップです。

ウイングは両サイドに位置するフォワードです。

縦への突破力を必要とされます。

過去には守備を期待されないポジションでしたが、今は守備にも攻撃にも関わることが期待されるポジションです。



続きを読む
posted by れい at 05:24| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ネルー・カップ+アンティークアクセサリー+・・

ネルー・カップ〜

全インドサッカー連盟 (AIFF) が主催するサッカーの国際大会です。

ナショナルチームを招待して開催されます。

1982年に第一回大会が開催されました。

過去の優勝チームの国名を見ていくと、ソビエト連邦なども見ることができるのでした。

インドやハンガリーなども優勝しています。






アンティークアクセサリー〜

アンティークもののアクセサリーにも、ヴィンテージという呼び方もあります。

全体的に輸入品が人気です。

はやりヨーロッパ、とくにフランスのアクセサリーは人気が高いようです。

フランスは、シャネルやサンローランなどが誕生したくらいの土地ですからね。

ファッションには昔から強いようです。






スイーパー〜

攻撃してくる相手にまず寄せて、守備にあたるストッパーをカバーするのがスイーパーです。

ディフェンスの最後の砦として、キーパー前で仕事します。

時には、キーパーが飛び出したりするとキーパーのカバーをすることも。

とはいえ、下がってばかりいるとラインを高くできないので、攻撃時はストッパーと並んでポジションを取ることもあります。




続きを読む
posted by れい at 05:23| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

キングスカップ+古いアクセサリー+・・

キングスカップ〜

タイサッカー協会が主催する、タイで開催されているサッカーの国際大会とのことです。

基本的に世界各国のナショナルチームを招待しているそうですが、クラブチームを招待したこともあるんだとか。

1968年にスタートしたけっこう歴史もある大会なのでした。

日本も参加したことがあるようです。






古いアクセサリー〜

アクセサリーの中でも、宝石や貴金属が使われたモノは特にジュエリーといわれます。

アクセサリーは主にジュエリー以外のものをさす事も多いです。

ところでアクセサリーの始まりはアフリカにあるそうです。

何万年も昔のアクセサリーとのこと。

ものすごい歴史ですね。







リベロ〜

特定のマークで守備するのではなく、ストッパーが抜かれた時のカバーリングなど、状況に応じた対処で守備に当たるポジションです。

自由をあらわす、リベロという名を持つだけあって、状況判断を必要とされるポジションです。

守備だけじゃなく攻撃でも活躍する選手もいます。




続きを読む
posted by れい at 05:26| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

LGカップ+古いジュエリー+・・

LGカップ〜

サッカーナショナルチームによる、親善試合トーナメントです。

LGエレクトロニクスがスポンサーを務める大会です。

LGエレクトロニクスは、大韓民国のLGグループの中核をなす総合家電・情報通信メーカーです。

サムスン電子に次ぐ大企業です。

1997年に第一回大会が開かれました。






古いジュエリー〜

ジュエリーはエジプトやメソポタミアなどの古代文明時代からあったそうです。

ジュエリーはその歴史も古いですね。

ジュエリーは時を経てもその魅力を失わないということでしょう。

しかも、骨董的な付加価値がつけばさらに価値が上がることも。

古いジュエリーには魅力がいっぱいですね。







ボランチ〜

ボランチは非常に運動量が多く、守備にも攻撃にも重要な役割を担うポジションです。

ハーフであり、バックの前に位置し、中盤の底にポジショニングします。

ボランチといういい方はブラジルに由来するいい方です。

活躍が期待され、ボランチには有名な選手も多いです。




続きを読む
タグ:LGカップ
posted by れい at 05:17| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ムルデカ大会+アンティークジュエリー+・・

ムルデカ大会〜

マレーシアにて開催されている国際サッカートーナメント大会です。

マレーシアが独立した1957年に第1回大会が開催されました。

ちなみにムルデカとはマレー語で「独立」の意味なんだそうです。

会場となったムルデカ・スタジアムは、マレーシアの首都・クアラルンプールにあります。







アンティークジュエリー〜

ジュエリーはそもそも何年、年十年たっても価値を失うようなものではないです。

逆に時を経ることで価値を増すこともあるようです。

たとえば、アンティークジュエリー。

製作から100年以上経ち、骨董的価値を持つものを特に、アンティークジュエリーと呼ぶそうです。






フォワード〜

フォワードはチームで最も前でプレーする選手です。

ゴールに関わることも多く、花形のポジションと言えるでしょう。

攻撃的な役割が強く、あまり守備には関わらないです。

フォワードに要求されるのは、ずばり得点力です。

チャンスを決める力を求められ、プレッシャーにも強いハートが大事かも。



続きを読む
posted by れい at 05:05| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

カタール国際親善トーナメント+着物を古着で+・・

カタール国際親善トーナメント〜

ナショナルチームのサッカーの国際大会です。

カタールで開催され、数か国招待されて開催されます。

日本代表は出場したときと、していないときがあります。

年齢制限を設けていた頃はカタール国際ユーストーナメントでした。

そこで日本は優勝したこともあるのでした。







着物を古着で〜

古着の着物なら新品に比べてかなりお手頃で手に入れることができます。

意外に素材は良かったりします。

高額でなければ、ちょっとした機会に着ることができますし、着付けの上達にもつながりますね。

おしゃれに明治や大正時代に流行った柄を狙うのもいいかもしれません。






ミッドフィールダー〜

ハーフとも呼ばれ、中盤にポジショニングし、攻撃にも守備にも関わる重要なポジションです。

攻守にバランスが取れる、しかも運動量の多い選手が抜擢されることが多いと思います。

ゲームの組み立てに大きく関わり、判断力も要求されるポジションです。

ボールに関わる時間も多いので注目される場面も多いです。




続きを読む
posted by れい at 05:22| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

軍人ワールドカップ+アンティークと着物+・・

軍人ワールドカップ〜

世界各国の常備軍隊の兵士で構成されるサッカーチームによる国際大会です。

ナショナルチームであらそわれます。

自衛隊はこれには参加していないようです。

そのためか、日本ではあまり知名度がないですね。

第二次世界大戦終結の翌年1946年より開催されているそうです。

けっこう歴史も古いですね。






アンティークと着物〜

着物をアンティークと呼ぶにはすこし違和感があるかもしれませんね。

でも、古きよきものと考えれば、着物もそのひとつかもしれません。

着物は着付けが難しかったりで、女性の中にもあまり興味をもたない人も多くなってます。

日常とは一線を画す存在になってきています。






ディフェンダー〜

ゴールキーパーと連携して相手チームにゴールさせないため守備を行うのがディフェンダーの役割です。

ボールを取りに行ったり、シュートコースを塞いだり、マークしたり、スペースを潰したり、状況に応じた動きが求められます。

時には攻撃に参加するためにオーバーラップすることも大事です。




続きを読む
posted by れい at 05:27| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

FIFIワイルドカップ+アンティークのロレックス+・・

FIFIワイルドカップ〜

国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していない国や地域の代表が競う国際サッカー大会です。

FIFAワールドカップのパロディっぽいみたいです。

その一方で未承認国家主体のサッカー大会の最高峰ともいわれるそうです。

2006年にハンブルクで第1回大会が開催されました。







アンティークのロレックス〜

ロレックスといえば誰もが知る時計のブランド。

歴史も古いため、アンティークものもかなり存在します。

そいて、希少性のあるモデルには高いプレミアがつくという特徴があります。

例えば手巻き式なら、かなり希少性が高いでしょう。

レアモノは、好きな人にはたまらないようです。







CKの違反〜

違反は少ないですが、コーナーキックにも違反があります。

たとえばフットサル特有の4秒ルールの対象です。

準備ができてから4秒以内にキックしないと相手間接フリーキックになります。

またキッカーが続けてボールを触ると相手の間接フリーキックです。

そのほかの違反は蹴り直しです。




続きを読む
posted by れい at 05:22| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

ユニバーシアードサッカー競技+懐中時計のチェーン+・・

ユニバーシアードサッカー競技〜

ユニバーシアードとは国際大学スポーツ連盟(略称 FISU)が主催する大会です。

全世界の学生たちが集まる、「学生のためのオリンピック」といわれます。

日本でも東京、神戸、福岡、札幌などで開催されました。

サッカー競技については1985年の神戸大会から正式競技となったそうです。






懐中時計のチェーン〜

懐中時計でアンティークを楽しむのいいですね。

でも、もしチェーンが切れてしまったら。

チェーンってなかなか手に入りにくいようです。

ほかのアクセサリーのチェーンで代用しても、なかなかシックリしないことも。

チェーンがミスマッチだと懐中時計も興ざめですね。







コーナーキック〜

コーナーキックは得点しやすいセットプレーの一つです。

守備側選手が最後に触れて、ボールがゴールラインから出たときのプレーの再開方法です。

直接ゴールもOKですし、直接のプレーならオフサイドの心配もないので、得点しやすい状況の一つです。

緊張と興奮が高まる場面です。




続きを読む
posted by れい at 05:23| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ConIFAワールドフットボール・カップ+古い懐中時計+・・

ConIFAワールドフットボール・カップ〜

国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していないナショナルチームによるサッカーの国際大会です。

主催のConIFAは「独立サッカー連盟」で、2013年に設立されたサッカーの国際団体の一つです。

FIFAに加盟できない国が多く含まれているのが特徴のようです。

あまりメジャーではないですが、気になる存在ですね。







古い懐中時計〜

アンティークの懐中時計にもファンが多いです。

レトロでオシャレなアクセサリーとしての懐中時計はよく見かけます。

懐中時計という時計のスタイルが、そもそもなんだかアンティークをイメージさせてくれます。

ところで、本物のアンティークでも、時計部分を覆うようについているケースは、時計本体と別のものがついていることも多いそうです。






ゴールクリアランスの反則〜

相手の間接フリーキックになる反則が、ゴールクリアランスにはあります。

ひとつは、4秒を超えてクリアランスを行わないこと。

もうひとつは、クリアランスしたボールをすぐにキーパーが連続して触れること。

ちなみにキック位置は、ペナルティーエリア内の場合は、ペナルティーエリアライン上での間接FKとなります。




続きを読む
posted by れい at 05:21| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする