2017年11月16日

マンUプレミアカップ+アンティークの照明器具+・・

マンUプレミアカップ〜

マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップは中学生年代を対象にしたサッカー国際大会です。

クラブチームごとです。

世界各地で行われる予選会で優勝したチームが参加する大会です。

そうとうにレベルが高いということですね。

日本の場合はJFAプレミアカップで勝ったチームが参加します。







アンティークの照明器具〜

照明器具にもものすごい歴史があります。

それだけにアンティーク物もあります。

身近な照明器具だけにアンティークには人気があります。

レトロな感じや、柔らかい感じなど照明によって気分も変わります。

シャンデリア、ペンダントライト、ブラケットライト、エクステリアライト、ウォールブラケット、ランプなどなどいろいろあります。






オフサイドトラップ〜

相手選手をオフサイドに引っ掛けるディフェンスです。

ディフェンスの最終ラインのコントロールがポイントです。

ディフェンス裏を狙う相手選手を、タイミングよくオフサイドポジションにするには、素早くラインを上げることが必要です。

この戦術は昔ほど使われなくなったように思います。




続きを読む
posted by れい at 05:09| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ+アンティークのドアノブ+・・

トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ〜

イタリア・トスカーナ州ヴィアレッジョで行われています。

サッカーの国際ユース大会です。

1949年から行われているという歴史ある大会だそうです。

時代のヒーローがこの場で活躍しているのかもしれません。

国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)なども公認の大会です。






アンティークのドアノブ〜

ドアノブもインテリアの一つです。

意外にドアノブの存在感は大きいのかもしれません。

でもドアノブにこだわるってなかなか渋いですね。

でも、言われてみると面白いこだわりかもしれません。

たとえば現代ではほとんど見かけることのないガラス製のドアノブなどというのもあります。

面白いです。






ゾーンプレス〜

連携したゾーンディフェンスを、相手陣地内の高いところからしかけていくものです。

非常に攻撃的な戦い方の一つです。

連携と運動量がカギとなり、そこが乱れると、自陣のスペースに切り込まれる結果を招きやすいです。

引いていない分、相手の速いカウンターには注意が必要です。





続きを読む
posted by れい at 05:09| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ロボカップ+アンティークビーズ+・・

ロボカップ〜

ロボット競技の世界大会で、種目の中にはもちろんサッカーもあり、メインとなっています。

小型、中型、人型など5つのカテゴリーに大別されるんだとか。

人の操作はなく、ロボットが自立走行してプレーします。

搭載したAIが様々なプレーを生み出します。

なかなか面白そうですね。






アンティークビーズ〜

手作りビーズのアクセサリーがはやったときがあります。

ビーズは流行りとは関係なく、ひきつける魅力もあります。

ビーズの場合には100年以上昔の物をアンティークと呼ぶそうです。

そしてそれより新しいものをヴィンテージと呼ぶのば一般的なのだとか。

けっこうファンは多いそうです。






リトリート〜

攻撃はロングカウンターにかける形で、ゴール前を固めて守り続ける戦術です。

リードしているチームが、残り時間しのぐために使う場合もあるようです。

下がりすぎて、ミドルシュートやロングシュートがフリーになるのもリスクなので、シュートへの寄せも注意点です。




続きを読む
ラベル:ロボカップ
posted by れい at 05:07| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

ボーダコム・チャレンジ+アンティークの冷蔵庫+・・

ボーダコム・チャレンジ〜

ボーダコムが協賛しているサッカーのプレシーズントーナメント。

南アフリカ共和国の2大クラブと、外国からの招待クラブが参加します。

オーランド・パイレーツとカイザー・チーフスです。

参加チームを見てみると、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナム・ホットスパーなども来てます。







アンティークの冷蔵庫〜

アンティークの冷蔵庫は立派なインテリア製品といえるかもしれません。

身近なものだからこそ、意外に広い年代にファンがいるみたいです。

とくに、アメリカ製のアンティーク冷蔵庫は、若い人に人気なのだとか。

聞いただけでなんだか興味が出てきますね。

大きさの割りに電気代はかかるかもしれませんが。






フォアチェック〜

自陣に攻め込まれる前に、可能な限り相手のゴールに近いところからボールを奪うというサッカーの戦術です。

ほぼ同じ意味で、ハイプレスと表現される場合もあります。

相手陣内でプレーすることは失点の可能性も減らせますし、得点の可能性も高められます。

ただしその分、前線の選手の負担が大きくなるのでした。




続きを読む
posted by れい at 05:09| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

BTVカップ+アンティークマーケット吹上+・・

BTVカップ〜

ベトナムのビンズオン省で行われるサッカークラブの親善大会です。

各国のサッカークラブを招待して行われます。

日本ではアビスパ福岡が参加したときもあるようです。

Vリーグを主催するベトナムプロフェッショナルフットボール (VPF) が主催します。

ビンズオンFCの本拠地ゴーザウ・スタジアムで行われるのでした。






アンティークマーケット吹上〜

アンティークマーケット吹上は、ビル全体がアンティークショップ街になっているんだとか。

すごい規模ですね。

さまざまなジャンルのアンティークショップが楽しめるようです。

アンティークファンにはたまらないスポットのようです。

価格的にもピンからキリまで揃っていて気軽に楽しめるようです。






ラインディフェンス〜

ディフェンスの裏のスペースを増やさないために、ディフェンス陣がゴールラインに平行なラインを形成するディフェンスです。

ラインをあげたりして、布陣をコンパクトにするなどコントロールします。

相手攻撃選手へのアタックの際などは、カバーに入るなどで部分的にラインを崩すこともあります。




続きを読む
ラベル:BTVカップ
posted by れい at 05:08| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

ルナー・ニューイヤー・カップ+アンティークショップ+・・

ルナー・ニューイヤー・カップ〜

香港で開催されているサッカーの国際大会です。

ルナー・ニューイヤーとは「旧正月」の意味で、その時期に行われます。

日本も出場したことがあるようです。

最初に出場した1993年には、U-21デンマークと戦い、1対2で負けています。

次の出場の1996年はスウェーデンにPK戦で負けています。







アンティークショップ〜

アンティークショップは見ているだけでも楽しめる空間があります。

まずはショップに出かけて様々なアンティークに触れてみるところから始めるのも面白いかも。

アンティークショップは見つけるのも難しいかも知れないですが、大きめの街のどこかにはあるはずです。







プレスディフェンス〜

高い位置から相手のオフェンスに近づき、プレッシャーをかけていくディフェンスです。

ディフェンスが連携して行うことが重要で、ゾーンを組んでゾーンプレスを行うことも多いです。

相手陣内でのボール奪取など、攻撃的なディフェンスです。

一方で、後方にスペースができやすく、抜かれたときはリスクがあるのでした。




続きを読む
posted by れい at 05:08| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ドバイカップ+アンティーク雑貨+・・

ドバイカップ〜

アラブ首長国連邦のドバイで行われている大会で、国際クラブサッカー大会です。

ドバイと聞くとすごく豪華なイメージがあります。

ドバイカップは通称で、正式名称は「ムハンマド・ビン=ラーシド国際サッカー選手権」なんだそうです。

ベンフィカや、インテルナシオナルが優勝しています。







アンティーク雑貨〜

雑貨が趣味と言う人は多いです。

そんな雑貨にもアンティークモノがあるみたい。

アンティーク雑貨はヨーロッパのものから、アメリカのもの、日本のものとさまざまです。

雑貨の場合、アンティークだからといって集める人だけではないでしょうね。

普通にその雑貨が気に入ったから買うという人も多いです。






ゾーンディフェンス〜

ゾーンディフェンスはエリアを割り当てて守備にあたります。

相手のチャンスになるようなスペースをつくらないように、それぞれバランスを取りながら守備を行います。

ゾーンは固定ではなく、オフサイドを意識して最終ラインを動かしながら、全体で高さの調整をしながら行うことが重要です。




続きを読む
ラベル:ドバイカップ
posted by れい at 05:20| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

エウゼビオ・カップ+アンティークの額縁+・・

エウゼビオ・カップ〜

ポルトガルで毎年夏のプレシーズンに行われる親善サッカー大会です。

SLベンフィカ主催のため、そのホームスタジアムであるエスタディオ・ダ・ルスで行われます。

ちなみに大会の名称は、1960年代から1970年代前半にわたりベンフィカで活躍したエウゼビオに由来しています。






アンティークの額縁〜

額縁はそもそも絵や写真を飾るためのものです。

でも、額縁自体にも実は魅力があります。

なかなには、額縁だけを飾るという飾りかたを楽しむ人もいるんだとか。

なぜならアンティークの額縁は、額縁自体がすでに完璧な芸術品ともいえるからだそうです。

そんな額縁を探してみるのも面白そうです。






マンツーマンディフェンス〜

人に着目したディフェンスです。

攻撃側の相手に対して、一人づづ守備担当を決める守り方です。

相手選手の力量に合わせて、守備選手の割り当てができるというメリットはあります。

しかし、マンツーマンにこだわりすぎると、ドリブル突破された場合とか、スルーパスを出された場合に危険になる場合があります。




続きを読む
posted by れい at 05:09| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

トロフェオ・サンティアゴ・ベルナベウ+ボタンの趣味+・・

トロフェオ・サンティアゴ・ベルナベウ〜

レアル・マドリードによって主催される親善トーナメントです。

1979年から行われている伝統もある試合です。

レアルが主催だけあって、招かれるチームも有名チームで楽しめます。

毎年8月末または9月始めごろに開催されるのでした。

4チームで争われますが、一時期2チームだけの時期もあったのでした。






ボタンの趣味〜

ボタンも集めてみるといろいろあって面白いです。

素材も、形も、作られた年代もいろいろで、楽しくなりそうです。

子供たちにも動物や花などのボタンなら喜びそうです。

大人でもオシャレのアクセントのひとつとして、気分に合わせてボタンを変えてみるのも面白いかも。







カテナチオ〜

イタリア由来の守備重視の戦術であるカテナチオ。

その名前をもじって、守備的な戦術のチームに、ナチオをつけていうことがあります。

たとえば、「ハマナチオ」は横浜FCに対しての言葉でしたし、水戸ホーリーホックにも「水戸ナチオ」という言葉があるのでした。

由来を知ると面白いですね。




続きを読む
posted by れい at 05:21| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

アウディカップ+アンティークボタン+・・

アウディカップ〜

サッカーのクラブ対抗のカップ戦のひとつです。

ドイツのミュンヘンにあるアリアンツ・アレーナで開催され、2009年から始まりました。

自動車メーカー・アウディの創業100周年を記念して創設されたんだそうです。

ホストチームはアウディがスポンサーとなっているバイエルン・ミュンヘンです。







アンティークボタン〜

ボタンにもアンティークがあるそうです。

現在のボタンはプラスティック製のものが多いです。

一方で、アンティークボタンはガラス製のもの。

あるいはベークライト製のもの、セルロイド製のもの。

はたまた貝で作られたものなどもあります。

チョット変わったアレンジができそうですね。






カウンターアタック〜

カウンター主体の戦術は受け身の印象をうけます。

守りに徹して、カウンターで得点を狙うという戦術がそうです。

守備の状態からロングキックで一気に攻撃に転じる戦法で、少人数の攻撃で手薄になった相手陣営に攻め込むという発想です。

一方でショートカウンターは高い位置でボールを奪うので、若干印象は違いますね。




続きを読む
posted by れい at 05:18| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする