2017年05月19日

ユースオリンピックサッカー競技+アンティーク時計+・・

ユースオリンピックサッカー競技〜

ユースオリンピックで行われるサッカー競技の大会です。

ユースオリンピックとは、14歳から18歳までを対象としたユース世代のオリンピックです。

15歳以下のナショナルチームが参加します。

男子競技と女子競技ともに2010年にシンガポールで第1回大会が開催されました。







アンティーク時計〜

アンティークといえば時計も忘れられません。

とはいえ、家具などに比べると歴史も浅い時計です。

50年くらいも経てば、アンティークの仲間に入れて良さそうです。

時計は動いてこそというのが普通です。

しかし、中には時計そのものは動かなくても、その美しいデザインだけでアンティーク時計としての価値を感じる場合もあります。







ゴールクリアランス〜

ゲームの再開方法の一つにゴールクリアランスがあります。

これはゴールラインを超えてピッチの外にボールが出た時の再開方法です。

ちなみに、守備側が出したときはコーナーキックですが、攻撃側が出したときがゴールクリアランスです。

キーパーの手投げで再開されます。




続きを読む
posted by れい at 05:27| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

オリンピックサッカー競技+和のアンティーク家具+・・

オリンピックサッカー競技〜

IOC主催のサッカー大会です。

夏季オリンピックで開かれるサッカー競技です。

公式種目となったのは1908年のロンドンオリンピックからなんだとか。

女子は1996年のアトランタオリンピックからです。

アマチュアを重視するオリンピックと、早くからプロがあったサッカーだけにその経緯はいろいろありました。







和のアンティーク家具〜

和のアンティーク家具というとなんだか特別なもののように思えます。

でも、そうではなく、おばあちゃんの家などで普通に見られた家具です。

茶色の使い込んだ色味で、どっしりとした存在感があります。

着物などの保管にもちょうど良いサイズの箪笥や、お茶の道具などがしっくりくるような小さな茶箪笥などです。







キックインの反則〜

4秒を超えたキックインや、ボールの位置が適切じゃなかった場合は反則がとられます。

その場合、相手チームのキックインとなります。

なおキックインの反則のうち、キックインをしたプレーヤーが、キックイン後続けてボールに触れた場合は、相手の間接フリーキックとなります。




続きを読む
posted by れい at 05:21| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

FIFAクラブワールドカップ+海外のアンティーク家具+・・

FIFAクラブワールドカップ〜

クラブチームによるサッカーの世界選手権大会です。

クラブ世界一を決める大会といわれます。

南米王者とヨーロッパ王者が対決していたトヨタカップも前身のひとつになっています。

2007年以降の大会から、開催国枠が追加され、各大陸の代表チームと戦うかたちになりました。






海外のアンティーク家具〜

アンティークといえば、家具をイメージする人は多いです。

ところで、このアンティーク家具。

わざわざ海外までいって購入する人も多いんだそうです。

すごいですね。

日本では、そもそもアンティーク家具を扱う店が少ないくて、好みも左右することから、気にいった家具がなかなか見つからないからなんだそうです。







キックイン〜

サッカーならスローインで始まるサイドのラインを超えたボール、フットサルの場合はキックインで再開します。

手ではなく足で再開するところがサッカーと大きく違いますね。

キックインは天井にボールがあたったときにも行われます。

ボールを出したチームの反対チームのボールで始まります。




続きを読む
posted by れい at 02:15| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

FIFA U-17ワールドカップ+アンティーク好み+・・

FIFA U-17ワールドカップ〜

17歳以下の選手で構成されるナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。

1985年にFIFA U-16世界選手権として開かれたのが始まりのようです。

以降、2年ごとに開催されました。

1991年のイタリア大会から17歳以下に引き上げられました。

2005年大会まではFIFA U-17世界選手権という名前でした。







アンティーク好み〜

アンティークを好む人は一般的に年輩の人が多いというイメージがあります。

でも、若い人でもアンティークに気を惹かれる人は少なくないです。

とはいえ、好きなアンティークは人によって違います。

性別によっても傾向的な違いがあります。

同じ人でも年齢を重ねることで好みが変わることもありますしね。







PKでの反則〜

攻撃側には決定的なチャンスであるPK。

このPKのときのも違反や反則は起こりえます。

審判は見落とさないようにしなければいけません。

しかもこのときの違反への対応はゴールが決まったかどうかとも関係して、対応が分かれます。

ゴールを認めたり、認めなかったり、蹴り直しになったり、相手間接FKになったり。

誤解の内容にチェックしておきたいです。




続きを読む
posted by れい at 05:06| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

FIFA U-20ワールドカップ+アンティーク+・・

FIFA U-20ワールドカップ〜

20歳以下のナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。

次の世代の注目選手が活躍する大会です。

2005年大会までは「FIFAワールドユース選手権」という名前でした。

1977年に第1回大会が行われ、2年ごとに行われています。

本大会に出場できるのは、開催年の1月1日付で20歳未満の選手です。






アンティーク〜

アンティークとは、いわゆる「骨董品」のこと。

でも、骨董品というと古くさい感じがします。

一方で、アンティークという響きには、オシャレな感じが含まれます。

アンティークにもいろいろあります。

例えば、美術品であったり、家具であったり、アクセサリーや宝石であったり、人形もそうですね。







フットサルのPK〜

直接フリーキックにあたるファールを、もし自分のペナルティエリア内でしてしまった場合。

相手方にペナルティーキックが与えられます。

ペナルティーマークから壁なし状態でけられるので、最も点数が入りやすいシチュエーションです。

キーパーが最も頼られるシーンの一つです。




続きを読む
posted by れい at 05:26| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

FIFAコンフェデ杯+SLでタイムスリップ+・・

FIFAコンフェデ杯〜

FIFAコンフェデレーションズカップは、各大陸の王者によって争われるナショナルチームによるサッカーの国際大会です。

「コンフェデ」や「コンフェデ杯」などといわれます。

大会の前身はサウジアラビアが運営したキング・ファハド・カップです。

日本の場合、アジアカップを制することで出場できます。







SLでタイムスリップ〜

大井川鉄道を走るSL列車の特徴。

それは昔ながらの旧型客車が使われていることも一つ挙げられます。

頑丈に造られた客車で、40年ほど昔にタイムスリップしたような感覚になれるでしょう。

SLの現役時代そのままの姿をしているためテレビ撮影にも使われるとか。

懐かしいひと時を体感できる数少ない場所の一つです。






直接FKの反則〜

足を使った球技だけに、キーパー以外がボールに手で触れるハンドの反則が直接フリーキックの反則となります。

テクニカルな反則としてはハンドぐらいで、あとは相手プレーヤーに対する危ない好意とか侮辱行為の反則があたります。

打ったり、足掛けしたり、強いジャージやユニフォームを引っ張ったりですね。




続きを読む
posted by れい at 05:31| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

FIFAワールドカップ+大井川鉄道のSL達+・・

FIFAワールドカップ〜

国際サッカー連盟(FIFA)主催のサッカーの世界大会です。

ナショナルチームにより争われる世界選手権大会です。

サッカーではオリンピックをはるかにしのぐ大きなイベントです。

4年に一度開催され、夏季オリンピックの中間の年に開かれます。

「ジュール・リメ・トロフィー」が有名ですね。






大井川鉄道のSL達〜

大井川鉄道のSL達の歴史は意外に古いです。

国鉄最後の現役SLが消えた1976年に日本で初となる動態保存運転を開始しました。

C10形8号機、C11形190号機、C11形227号機、C12形164号機、C56形44号機など様々なSLが保存されてます。

例えば、C12形164号機は日本初のトラストトレイン(市民ボランティアによる列車)だそうです。






反則と不正行為〜

適切にゲームを進行する上で、反則や不正行為があると審判が対処します。

プレーを中断し、反則などが起こった場所から相手チームに間接フリーキックか直接フリーキックが与えられます。

反則などの内容によっては、該当する選手に警告(イエローカード)が提示されたり、退場が言い渡されたりします。




続きを読む
posted by れい at 05:23| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

サッカーの国際大会+博物館明治村+・・

サッカーの国際大会〜

サッカーには様々な国際大会があります。

世界中にサッカー選手がいるだけあって、その知名度も世界で高いです。

ナショナルチームの大会もあれば、クラブチームの大会もあります。

そのため実力の高いプレーヤーは、いろんな大会に呼ばれるので忙しくなるのでした。






博物館明治村〜

愛知県にある明治村は、その名が示すとおり、文明開化の明治時代を今に伝える博物館です。

嬉しいことに明治時代の機関車と客車で、当時の汽車旅が体験できます。

毎月上旬にB形タンク機関車12号が、毎月下旬にC形タンク機関車9号が、交代で走っています。

要チェックですね。






フットサルの得点〜

シュートがゴールに入れば得点ですが、必ずしも得点にならないこともあります。

間接フリーキックやキックインからの直接ゴールインとかですね。

得点にならずにゴールクリアランスから試合が再開されます。

そのほか、キーパーが手で投げたボールがゴールに入っても得点にはならないです。




続きを読む
posted by れい at 05:31| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

FIFAバロンドール+成田ゆめ牧場+・・

FIFAバロンドール〜

国際サッカー連盟(FIFA)が選出する、サッカーの世界年間最優秀選手賞の名前です。

フランス語で「黄金の球」を意味する言葉なんだとか。

2009年までは、フランスのバロンドールと、FIFA最優秀選手賞が別々にありました。

2010年にこの2つの賞が統合されたのでした。







成田ゆめ牧場〜

千葉県にある成田ゆめ牧場。

そこでは1周420mのまきば線を、かつて炭鉱で活躍していたトロッコ列車に乗って周ることができます。

ゴールデンウィークや夏休みなどの行楽シーズンには、台湾の炭鉱で働いていたBタンク機関車など、本物のSLが走ります。

楽しみにしてる人も結構います。






アウトオブプレー〜

アウトオブプレートとは、フットサルのゲームが止まったときの状態です。

ボールがゴールライン、またはタッチラインを完全に越えたときなどです。

また、主審がプレーを止めたときもそうです。

さらにボールが天井に当たったときもアウトオブプレーとなります。




続きを読む
posted by れい at 05:37| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

フラッグベアラー+やながわ希望の森公園+・・

フラッグベアラー〜

サッカーの試合などでは、選手入場の時に何人かで旗をもって入場します。

このフラッグを持つ役割の人を「フェアプレー•フラッグベアラー」というそうです。

国旗や大会旗などを持って入場する旗手のことです。

日本代表戦やJリーグの試合でも見ることができます。







やながわ希望の森公園〜

やながわ希望の森公園の「さくら1号」。

福島県梁川町にある自然公園のSLです。

公園のメインゲートとなる東口と、阿武隈急行やながわ希望の森公園前駅に近い西口を結ぶ800mのラインを、のんびりと走るSL。

牽引するのはB62-418機関車です。

このナンバーは、昭和62年4月18日に開業したことが由来なんだそうです。







ペナルティエリアで再開〜

試合再開の方法は、ペナルティエリア内はちょっと違ってきます。

再開の場所が見方のペナルティエリアでのフリーキックとなった場合、エリア内のどから始めてもいいです。

逆に敵方のペナルティエリア内でのフリーキックは、近くのペナルティエリアライン上からの開始となります。

ドロップボールもライン上まで下がります。




続きを読む
posted by れい at 05:23| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする