2017年06月18日

カタール国際親善トーナメント+着物を古着で+・・

カタール国際親善トーナメント〜

ナショナルチームのサッカーの国際大会です。

カタールで開催され、数か国招待されて開催されます。

日本代表は出場したときと、していないときがあります。

年齢制限を設けていた頃はカタール国際ユーストーナメントでした。

そこで日本は優勝したこともあるのでした。







着物を古着で〜

古着の着物なら新品に比べてかなりお手頃で手に入れることができます。

意外に素材は良かったりします。

高額でなければ、ちょっとした機会に着ることができますし、着付けの上達にもつながりますね。

おしゃれに明治や大正時代に流行った柄を狙うのもいいかもしれません。






ミッドフィールダー〜

ハーフとも呼ばれ、中盤にポジショニングし、攻撃にも守備にも関わる重要なポジションです。

攻守にバランスが取れる、しかも運動量の多い選手が抜擢されることが多いと思います。

ゲームの組み立てに大きく関わり、判断力も要求されるポジションです。

ボールに関わる時間も多いので注目される場面も多いです。




続きを読む
posted by れい at 05:22| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

軍人ワールドカップ+アンティークと着物+・・

軍人ワールドカップ〜

世界各国の常備軍隊の兵士で構成されるサッカーチームによる国際大会です。

ナショナルチームであらそわれます。

自衛隊はこれには参加していないようです。

そのためか、日本ではあまり知名度がないですね。

第二次世界大戦終結の翌年1946年より開催されているそうです。

けっこう歴史も古いですね。






アンティークと着物〜

着物をアンティークと呼ぶにはすこし違和感があるかもしれませんね。

でも、古きよきものと考えれば、着物もそのひとつかもしれません。

着物は着付けが難しかったりで、女性の中にもあまり興味をもたない人も多くなってます。

日常とは一線を画す存在になってきています。






ディフェンダー〜

ゴールキーパーと連携して相手チームにゴールさせないため守備を行うのがディフェンダーの役割です。

ボールを取りに行ったり、シュートコースを塞いだり、マークしたり、スペースを潰したり、状況に応じた動きが求められます。

時には攻撃に参加するためにオーバーラップすることも大事です。




続きを読む
posted by れい at 05:27| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

FIFIワイルドカップ+アンティークのロレックス+・・

FIFIワイルドカップ〜

国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していない国や地域の代表が競う国際サッカー大会です。

FIFAワールドカップのパロディっぽいみたいです。

その一方で未承認国家主体のサッカー大会の最高峰ともいわれるそうです。

2006年にハンブルクで第1回大会が開催されました。







アンティークのロレックス〜

ロレックスといえば誰もが知る時計のブランド。

歴史も古いため、アンティークものもかなり存在します。

そいて、希少性のあるモデルには高いプレミアがつくという特徴があります。

例えば手巻き式なら、かなり希少性が高いでしょう。

レアモノは、好きな人にはたまらないようです。







CKの違反〜

違反は少ないですが、コーナーキックにも違反があります。

たとえばフットサル特有の4秒ルールの対象です。

準備ができてから4秒以内にキックしないと相手間接フリーキックになります。

またキッカーが続けてボールを触ると相手の間接フリーキックです。

そのほかの違反は蹴り直しです。




続きを読む
posted by れい at 05:22| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

ユニバーシアードサッカー競技+懐中時計のチェーン+・・

ユニバーシアードサッカー競技〜

ユニバーシアードとは国際大学スポーツ連盟(略称 FISU)が主催する大会です。

全世界の学生たちが集まる、「学生のためのオリンピック」といわれます。

日本でも東京、神戸、福岡、札幌などで開催されました。

サッカー競技については1985年の神戸大会から正式競技となったそうです。






懐中時計のチェーン〜

懐中時計でアンティークを楽しむのいいですね。

でも、もしチェーンが切れてしまったら。

チェーンってなかなか手に入りにくいようです。

ほかのアクセサリーのチェーンで代用しても、なかなかシックリしないことも。

チェーンがミスマッチだと懐中時計も興ざめですね。







コーナーキック〜

コーナーキックは得点しやすいセットプレーの一つです。

守備側選手が最後に触れて、ボールがゴールラインから出たときのプレーの再開方法です。

直接ゴールもOKですし、直接のプレーならオフサイドの心配もないので、得点しやすい状況の一つです。

緊張と興奮が高まる場面です。




続きを読む
posted by れい at 05:23| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ConIFAワールドフットボール・カップ+古い懐中時計+・・

ConIFAワールドフットボール・カップ〜

国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していないナショナルチームによるサッカーの国際大会です。

主催のConIFAは「独立サッカー連盟」で、2013年に設立されたサッカーの国際団体の一つです。

FIFAに加盟できない国が多く含まれているのが特徴のようです。

あまりメジャーではないですが、気になる存在ですね。







古い懐中時計〜

アンティークの懐中時計にもファンが多いです。

レトロでオシャレなアクセサリーとしての懐中時計はよく見かけます。

懐中時計という時計のスタイルが、そもそもなんだかアンティークをイメージさせてくれます。

ところで、本物のアンティークでも、時計部分を覆うようについているケースは、時計本体と別のものがついていることも多いそうです。






ゴールクリアランスの反則〜

相手の間接フリーキックになる反則が、ゴールクリアランスにはあります。

ひとつは、4秒を超えてクリアランスを行わないこと。

もうひとつは、クリアランスしたボールをすぐにキーパーが連続して触れること。

ちなみにキック位置は、ペナルティーエリア内の場合は、ペナルティーエリアライン上での間接FKとなります。




続きを読む
posted by れい at 05:21| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ユースオリンピックサッカー競技+アンティーク時計+・・

ユースオリンピックサッカー競技〜

ユースオリンピックで行われるサッカー競技の大会です。

ユースオリンピックとは、14歳から18歳までを対象としたユース世代のオリンピックです。

15歳以下のナショナルチームが参加します。

男子競技と女子競技ともに2010年にシンガポールで第1回大会が開催されました。







アンティーク時計〜

アンティークといえば時計も忘れられません。

とはいえ、家具などに比べると歴史も浅い時計です。

50年くらいも経てば、アンティークの仲間に入れて良さそうです。

時計は動いてこそというのが普通です。

しかし、中には時計そのものは動かなくても、その美しいデザインだけでアンティーク時計としての価値を感じる場合もあります。







ゴールクリアランス〜

ゲームの再開方法の一つにゴールクリアランスがあります。

これはゴールラインを超えてピッチの外にボールが出た時の再開方法です。

ちなみに、守備側が出したときはコーナーキックですが、攻撃側が出したときがゴールクリアランスです。

キーパーの手投げで再開されます。




続きを読む
posted by れい at 05:27| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

オリンピックサッカー競技+和のアンティーク家具+・・

オリンピックサッカー競技〜

IOC主催のサッカー大会です。

夏季オリンピックで開かれるサッカー競技です。

公式種目となったのは1908年のロンドンオリンピックからなんだとか。

女子は1996年のアトランタオリンピックからです。

アマチュアを重視するオリンピックと、早くからプロがあったサッカーだけにその経緯はいろいろありました。







和のアンティーク家具〜

和のアンティーク家具というとなんだか特別なもののように思えます。

でも、そうではなく、おばあちゃんの家などで普通に見られた家具です。

茶色の使い込んだ色味で、どっしりとした存在感があります。

着物などの保管にもちょうど良いサイズの箪笥や、お茶の道具などがしっくりくるような小さな茶箪笥などです。







キックインの反則〜

4秒を超えたキックインや、ボールの位置が適切じゃなかった場合は反則がとられます。

その場合、相手チームのキックインとなります。

なおキックインの反則のうち、キックインをしたプレーヤーが、キックイン後続けてボールに触れた場合は、相手の間接フリーキックとなります。




続きを読む
posted by れい at 05:21| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

FIFAクラブワールドカップ+海外のアンティーク家具+・・

FIFAクラブワールドカップ〜

クラブチームによるサッカーの世界選手権大会です。

クラブ世界一を決める大会といわれます。

南米王者とヨーロッパ王者が対決していたトヨタカップも前身のひとつになっています。

2007年以降の大会から、開催国枠が追加され、各大陸の代表チームと戦うかたちになりました。






海外のアンティーク家具〜

アンティークといえば、家具をイメージする人は多いです。

ところで、このアンティーク家具。

わざわざ海外までいって購入する人も多いんだそうです。

すごいですね。

日本では、そもそもアンティーク家具を扱う店が少ないくて、好みも左右することから、気にいった家具がなかなか見つからないからなんだそうです。







キックイン〜

サッカーならスローインで始まるサイドのラインを超えたボール、フットサルの場合はキックインで再開します。

手ではなく足で再開するところがサッカーと大きく違いますね。

キックインは天井にボールがあたったときにも行われます。

ボールを出したチームの反対チームのボールで始まります。




続きを読む
posted by れい at 02:15| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

FIFA U-17ワールドカップ+アンティーク好み+・・

FIFA U-17ワールドカップ〜

17歳以下の選手で構成されるナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。

1985年にFIFA U-16世界選手権として開かれたのが始まりのようです。

以降、2年ごとに開催されました。

1991年のイタリア大会から17歳以下に引き上げられました。

2005年大会まではFIFA U-17世界選手権という名前でした。







アンティーク好み〜

アンティークを好む人は一般的に年輩の人が多いというイメージがあります。

でも、若い人でもアンティークに気を惹かれる人は少なくないです。

とはいえ、好きなアンティークは人によって違います。

性別によっても傾向的な違いがあります。

同じ人でも年齢を重ねることで好みが変わることもありますしね。







PKでの反則〜

攻撃側には決定的なチャンスであるPK。

このPKのときのも違反や反則は起こりえます。

審判は見落とさないようにしなければいけません。

しかもこのときの違反への対応はゴールが決まったかどうかとも関係して、対応が分かれます。

ゴールを認めたり、認めなかったり、蹴り直しになったり、相手間接FKになったり。

誤解の内容にチェックしておきたいです。




続きを読む
posted by れい at 05:06| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

FIFA U-20ワールドカップ+アンティーク+・・

FIFA U-20ワールドカップ〜

20歳以下のナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。

次の世代の注目選手が活躍する大会です。

2005年大会までは「FIFAワールドユース選手権」という名前でした。

1977年に第1回大会が行われ、2年ごとに行われています。

本大会に出場できるのは、開催年の1月1日付で20歳未満の選手です。






アンティーク〜

アンティークとは、いわゆる「骨董品」のこと。

でも、骨董品というと古くさい感じがします。

一方で、アンティークという響きには、オシャレな感じが含まれます。

アンティークにもいろいろあります。

例えば、美術品であったり、家具であったり、アクセサリーや宝石であったり、人形もそうですね。







フットサルのPK〜

直接フリーキックにあたるファールを、もし自分のペナルティエリア内でしてしまった場合。

相手方にペナルティーキックが与えられます。

ペナルティーマークから壁なし状態でけられるので、最も点数が入りやすいシチュエーションです。

キーパーが最も頼られるシーンの一つです。




続きを読む
posted by れい at 05:26| レジャーまめじょうほう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする